ヒーローではないけれど

『ヒーローではないけれど』面白い?SNSでの反応と韓国評価まとめ

この記事にはプロモーションが含まれています。

ヒーローではないけれど 面白い SNS  韓国 評価

2024年5月5日からNetflixで配信の『ヒーローではないけれど』!

特別な能力を持っているけど誰も救えなかった家族の運命が描かれた作品です。

本作が面白いのかSNS反応や韓国での評価をまとめています。

『ヒーローではないけれど』作品情報

あらすじ

それぞれに異なる超能力を持って生まれたものの、現代社会の荒波にもまれるうちにその力を失ってしまった一家。だが、そんな彼らの前に現れた不思議な女性が、全てを変えるきっかけとなる。

Netflix公式

作品情報

作品情報
タイトルヒーローではないけれど
原題히어로는 아닙니다만 (英:The Atypical Family)
ジャンルファンタジー、ロマンス
配信日2024年5月5日〜
話数全12話
制作STORY & PICTURES MEDIA CO.
放送局JTBC
演出チョ・ヒョンタク
脚本チュ・ファミ
日本配信Netflix
  • 「SKYキャッスル」の演出家チョ・ヒョンタクの作品。
  • 「浪漫ドクターキム・サブ」の脚本家カン・ウンギョンがクリエイターとして参加。

『ヒーローではないけれど』面白い?SNSでの反応と韓国評価

ここからは日本でのSNSでの反応や韓国での評価をまとめています。

よかったら参考にしてみてくださいね♪

面白そう・楽しそうと話題!

  • ヒーローではないけれどは チャン・ギヨンが出演しているし 楽しみ絶対観たい完走したい
  • オフィシャル予告編出ました〜!5月5日が楽しみですよね。
  • また楽しみなドラマが始まる♡ 「ヒーローではないけれど」
  • チャンギヨン除隊後初主演作!面白そう
  • ヒーローではないけれど楽しみだな

韓国での評価は?

現代人の病気にかかり珍しい能力を失ってしまった超能力家族と、運命のように絡み合う一人の女性のストーリーが愉快な笑いあたたかい感動をプレゼントする予定です♡

シンドローム級の熱風を起こした「SKYキャッスル」の演出を担当したチョ・ヒョンタクがメガホンをとることで話題に!

さらに共感溢れるストーリーに定評のあるチュ・ファミが脚本を担当し、「浪漫ドクターキム・サブ」で絶対的信頼のあるカン・ウンギョン作家もクリエイターとして参加しています。

完成度を高め、韓国では早くも期待が高まっている作品です◎

※評価は配信後更新いたします。

見どころ

  • 超能力家族の物語!
  • うつ病などの現代社会の問題を描く!共感あり!
  • チョン・ギヨン、チョン・ウヒなど豪華キャストが出演!

『ヒーローではないけれど』キャストのプロフィール紹介!

ここからは『ヒーローではないけれど』に出演しているキャストのプロフィール、役柄をご紹介します。

ポク・グィジュ役|チャン・ギヨン

過去へ戻る能力を持つ。うつ病になり超能力を失ってしまう。

PROFILE
名前:チャン・ギヨン
生年月日:1992年8月7日
身長・血液型:187㎝・B型
学歴:西京大学
出演作品:「大丈夫、愛だ」「マイ・ディア・ミスター」「今、別れの途中です」など
MBTI:ENFP
SNS:Instagram

ト・ダへ役|チョン・ウヒ

超能力家族の前に現れた女性。

PROFILE
名前:チョン・ウヒ
生年月日:1987年4月20日
身長・血液型:161㎝・O型
学歴:京畿大学
出演作品:「母なる証明」「サニー永遠の仲間たち」「The 8 Show」など
MBTI:INFJ
SNS:Instagram

ポク・マンフム役|コ・ドゥシム

超能力家族の実力者。不眠症の予知夢能力者。

PROFILE
名前:コ・ドゥシム
生年月日:1951年5月22日
身長・血液型:160㎝・A型
出演作品:「人魚姫」「ソウル1945」「雪の女王」など

ポク・ドンヒ役|スヒョン

肥満で空を飛べない飛行能力者。

PROFILE
名前:スヒョン
生年月日:1985年1月25日
身長・血液型:177㎝・O型
学歴:世宗大学
出演作品:「モンスター」「キマイラ」「京城クリーチャー」など
SNS:Instagram

  • 「京城クリーチャー」では日本人の前田さん役で登場していました!(印象が違う〜

ポク・イナ役|パク・ソイ

グィジュの娘。スマホ依存症。

PROFILE
名前:パク・ソイ
生年月日:2012年3月12日
出演作品:「ミストレス」「ハイクラス」「先輩、その口紅を塗らないで」など
MBTI:ENFJ
SNS:Instagram

オ・マンソク

超能力がない、グィジュの父親。

PROFILE
名前:オ・マンソク
生年月日:1965年7月9日
学歴:大慶大学
出演作品:「誘拐の日」「ワンダフルワールド」「涙の女王」など

まとめ

『ヒーローではないけれど』面白い?SNSでの反応と韓国評価をまとめてご紹介しました。

きっと、韓ドラ好きなら知っている俳優さんたちが出演しているので見るのも楽しくなるはず♪

社会問題に焦点を当てながら、超能力を取り入れたファンタジーもの。

「ムービング」のように、何か考えさせられる作品であること間違いなしです!

ぜひ、一緒に楽しみましょう( ◠‿◠ )

あわせて読みたい
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

韓ドラの日々|ゆんこり

韓ドラ歴18年目のアラサーオンマ♡ おすすめ韓国ドラマや恋リアをご紹介。 韓ドラ・K-POP・映画・食べ物などとにかく韓国好き! たまにドラマの絵を描いています。 お気軽にどうぞ〜♡

-ヒーローではないけれど
-