ボクらの恋愛シェアハウス〜Boys Love∞〜

『ボクらの恋愛シェアハウス2』最終回ネタバレ!カップル結末は?感想まとめ

2024年4月6日

この記事にはプロモーションが含まれています。

ボクらの恋愛シェアハウス2 最終回 

『ボクらの恋愛シェアハウス〜Boys Love∞〜』最終回ネタバレをご紹介します!

メンバーたちの結末、カップルが成立したのか!?

あわせて、個人的な感想も最後にまとめています。

よかったら最後までお楽しみくださいね♡

『ボクらの恋愛シェアハウス2』最終回ネタバレ・カップル結末は?

最終選択の日、「男の家」から順番に去るメンバーたち。

向かう先は電話ブース・・・。

別れが辛くて泣いてしまうメンバーも!

電話ブースへ移動し、メッセージを確認!最終選択!

それぞれのメンバーが自分宛のメッセージを確認し、一番ときめかせた人物の名前を書く・・・。

最終的に誰を選択したのかまとめました。

ユンヒ

  • メッセージ:2件(ジョンウク・ソヌから)
  • 最終選択:ソヌ

ジョンウク

  • メッセージなし
  • 最終選択:ユンヒ

ソヌ

  • メッセージ:2件(ユンヒ・ソンホから)
  • 最終選択:ソンホ

ジュンソン

  • メッセージなし
  • 最終選択:ソンホ

ソンホ

  • メッセージ:1件(ジュンソンから)
  • 最終選択:ジュンソン

ミンソン

  • メッセージ:1件(ヒョンジンから)
  • 最終選択:ヒョンジン

ヒョンジュン

  • メッセージ:1件(ミンソンから)
  • 最終選択:なし(書かなかった)

ヒョンジン

  • メッセージなし
  • 最終選択:ミンソン

カップル成立したのは2組!

  • ジュンソン&ソンホ
  • ミンソン&ヒョンジン

ジョンソンのもとにソンホがきて、ハグ&キスをしました♡

ヒョンジンの元へやってきたのはミンソン♡

ミンソンの手を握り、ヒョンジンの手を温めるミンソン( ◠‿◠ )


ミンソンがヒョンジンに確信を持ったのは、最後の音声メッセージでした。

ヒョンジュンは誰にもメッセージを残さず。

ミンソンはヒョンジュンへのメッセージで「釣りには行けないけどまたいつか会えたら」と感謝と謝罪を伝えたのでした。

そして、最終選択では、ヒョンジュンは誰の名前も書きませんでした。

ゆんこり
ゆんこり

実は前日にミンソンへ手紙で「幸せになってほしい」と思いを伝えていたヒョンジュン。

カップル不成立のメンバー

ヒョンジュン、ソヌ・・・と次々にカフェに入ってきます。

最後にチャンスをくれたの?と冗談を言うソヌ。

カップル成立ならなかったユンヒとジョンウクが入店。

ユンヒにくっつくソヌがなんだか可愛らしかったです♪

パンを頬張る振られたメンバーたちの雰囲気が和やかでした( ◠‿◠ )

男の家を出た後

ソンホとジョンソンは、遊園地へ行ったり、お誕生日を祝ったりとより一層仲を深めたのでした◎

友情関係も続いているようです♡

『ボクらの恋愛シェアハウス2』感想

ちょ〜〜〜〜面白かったです♡

なんなら、シーズン1よりも面白かった(?)と思います( ◠‿◠ )

しかも、最終回の最終選択のやり方も前シーズンよりもスムーズだし、どんでん返し的なことも起こり・・・

すごく楽しめました♡

なんか、男性の友情っていいな〜。

きっと彼らも大変なことがあったと思うんですけど、前向きに頑張っている姿を見ると、感動するし応援したいなと感じますよね!

親や友達に言えないと苦しんでいたメンバーもいて、でもこのハウスでかけがえのないメンバーと出会えて・・・よかった!

このシリーズを見てて思うけど、本当に優しい空間よね。

個人的に大好きな恋リア番組〜♡

最終回の、ユンヒにもたれかかるソヌの関係、なかなか好きでしたwww(おもろくなかった?w

ソヌのジェラート屋さん行ったら、ソヌに会えるかな?なんて考えていた韓ドラおばさんことゆんこりでしたwww

あわせて読みたい♡

まとめ

『ボクらの恋愛シェアハウス2』最終回ネタバレ!カップル結末は?感想まとめをご紹介しました。

シーズン2もやっぱり面白かったですね〜♡

出演しているメンバーたちの良さも出ていました( ◠‿◠ )

ぜひ、シーズン3をお願いします♡

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

その後が気になる方はこちら♡
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

韓ドラの日々|ゆんこり

韓ドラ歴18年目のアラサーオンマ♡ おすすめ韓国ドラマや恋リアをご紹介。 韓ドラ・K-POP・映画・食べ物などとにかく韓国好き! たまにドラマの絵を描いています。 お気軽にどうぞ〜♡

-ボクらの恋愛シェアハウス〜Boys Love∞〜
-